FC2ブログ
>
イヌセンボンタケ (犬千本茸)
2008/09/01(Mon)
きょうは晴れたり曇ったりで、少し暑くなりました(21.7~27.3℃) 。
倒木に、イヌセンボンタケ(ヒトヨタケ科)が生えていました。透き通る体に白くめんこい帽子を乗せた
小さな妖精達が何処までも列をなして、お伽の国にでも誘っているかの様でした。全国の山地~平地の、林内の古い切株、朽木、倒木に春~秋に群生し、時に何千何万本にもなります。ヒトヨタケ科ですが、他種の様にインク状に液化する事はありません。食不適とされ、名は、味が悪く食べられない(=犬)が沢山生える事に因ります。別名は、マメブシ、チビブシ、ボンサイモタシ等。傘は、白~灰色に変わり、1~2日で消えてしまいます・・・
 山では、まだまだクサギの花が目立っていますよ・・・
イヌセンボンタケ クサギ 
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマハギ(山萩)    | メイン | シャクジョウソウ(錫杖草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/487-43e85d57

| メイン |
ゆきかえる