FC2ブログ
>
ヤニサシガメ(脂刺椿象・脂刺亀虫)の幼虫
2020/01/24(Fri)
   きょうは、晴れ時々曇りました(2.8~10.4℃/北西風)。
   赤松の幹に、ヤニサシガメ(サシガメ科)の幼体がいました。もしかしてと思い覆いを取ると、黒光りする鉄細工や、何処かの国で作ったロボットにも見える沢山の虫が、この超暖冬でも犇めき合って越冬中でした。本州~九州の他、朝鮮、中国等の山地~平地の赤松等の樹上に生息するカメムシの仲間です。成虫は5-7月に出現し、体長12-15mmで、黒くてやや光沢があり、触角と脚に黄白色紋があります。頭部は長く、腹部の側縁は大きく張り出し、波状を呈します。成・幼虫共に、体表面は松脂状の粘着物質で覆われ、それが名の由来になっています。樹上で他の小昆虫を捕食します。幼虫は松や杉の幹の窪みや樹皮下で小集団を形成して越冬します。体に脂を付ける訳は、冬季の体温低下を抑える為、餌となる昆虫を脂で付着させて捕食する為・・・等と言われていますが、良くは分からない様です。青葉山では、特に冬季に集団越冬する幼体が良く見られます・・・
オオトビサシガメ 春の様な雪解水

スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヘクソカズラ(屁糞蔓 / 屁臭蔓)の果実 | メイン | ヤママユ(山繭)の繭 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4870-610beced

| メイン |
ゆきかえる