FC2ブログ
>
ドバト(土鳩)の残骸
2020/02/05(Wed)
 きょうは、雨後晴れたり曇ったりで、久し振りに雪が降り、夜には本降りになりました(-1.0~7.9℃/北北西風)。
 沢に、ドバト(ハト科)の羽が散乱していました。ここは少し前ならオオタカの食餌場でしたが、大工事の所為で最近はさっぱり見かけず😠、羽も広く数十m四方に散らばっていて、やはり、ハヤブサの食べ残しと推測されました。ドバトは、原種カワラバトを飼育改良した家禽で、野生化しているものを含めてドバトと呼んでいます。全長32㎝程で、頭が濃灰色、首に緑色光沢、胸に赤紫色光沢があり、背、翼の上面は灰色で、畳んだ翼には2本の黒線がありますが、色彩は原種に近いものから、様々な変異があります。嘴は灰黒色嘴で脚は暗赤色。クークーグルッ等と鳴き、植物食で、草本種子が主食。世界中の市街地、公園、農地等で生活しています。青葉山は市街地に隣接しており、周辺で普通に見られます…
ドハトの羽、残骸 久し振りの雪
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バッケ(蕗の薹) | メイン | アオサギ(蒼鷺、青鷺) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4882-2c843f47

| メイン |
ゆきかえる