FC2ブログ
>
セスジツユムシ(背筋露虫)
2008/09/03(Wed)
 きょうは、曇り後晴れて暑くなりましたが、夜には雨になりました(22.9~28.9℃)。
 キカラスウリの葉に、セスジツユムシ(背筋露虫)がいました。草葉色の流線形の体に長い触覚や後脚が、とても繊細な趣でした。本州~沖縄(佐渡、伊豆諸島、対馬、南西諸島を含む)の他、朝鮮、中国華北や、西はカシミール、東はソロモン諸島、南は北オーストラリアの、山地~平地の草原や林縁等に生息するツユムシの仲間です。アシグロツユムシに似ていますが脚は緑で、名の通り、背中の筋が目立ちます。緑色個体が多い様ですが、稀に褐色型も見られます。完全草食性で、 カマキリ等に良く捕食されます。雄は夜になると、次第に早く、ツ・ツ・ツ・ジーッ・ジーッ・ジーッと鳴きます・・・
  湿地の畔には、キイボカサタケが生えていましたよ・・・
セスジツユムシ♀ キイボカサタケ
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツリバナ(吊花)   | メイン | ヤマハギ(山萩)   >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/489-5b2382f8

| メイン |
ゆきかえる