fc2ブログ
>
ヤマジノホトトギス(山路杜鵑草)
2007/08/01(Wed)
きょうは、一日良く晴れて暑くなり、梅雨明けも宣言されました。
 薄暗い檜や杉の林下に、ヤマジノホトトギス(ユリ科)が咲き始めていました。間近でじっと見ていると、メリーゴーランドにも、冠を頂く王妃や輪舞する踊子にも見えてきて、楽しくなります。名は、花弁の斑点が杜鵑の胸模様に似ているからとの事で、たまに見られる赤色型の雌から付けられたのかと思いましたら、西日本には斑点が黒紫色の花も多い様ですね・・・
山路杜鵑草
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウスヒラタケ(薄平茸) | メイン | クズ(葛)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/49-e654736c

| メイン |
ゆきかえる