FC2ブログ
>
ツリバナ(吊花)  
2008/09/04(Thu)
  早朝は晴れていましたが、直に曇って霧雨が降ったり止んだりの一日でした。
  三居沢の上り口に、早くもツリバナ(ニシキギ科)の実が生っていました。そろそろあちこちで赤い実が目立ち始めていますが、真朱色や猩々色の仮種皮や種子が、長い柄の先で揺れる様は、取分け目立っていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の、山地の落葉広葉樹林中に生育落葉低木です。果は熟すと 5 裂し、朱色の仮種皮に包まれた種子が覗きます。種子は中々果皮から落ちずに、野鳥達に食べられるのを待っている様です。名は、花や果実が下がる事に因りますが、特に果実の状態を花に見立てたものの様です。昔は、この果実でアタマジラミの駆除をしていたとか。ニシキギ科のツリバナやマユミの類は果実の柄の長さによって名付けられ、柄が長いのがツリバナです。秋には、美しく紅葉します・・・
  山のあちこちで、ツクシハギが咲き始めていましたよ・・・
ツリバナ ツクシハギ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドクツルタケ(毒鶴茸) | メイン | セスジツユムシ(背筋露虫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/490-cd75a5c9

| メイン |
ゆきかえる