FC2ブログ
>
五月観(視)察会
2020/05/10(Sun)
  きょうは予報通り、小雨が降ったり止んだりではありましたが、とても穏やかで心地良い観(視)察会になりました(14.3~22.3℃/南風)。新型コロナ感染が中々収まらない中、マスク等対策を十分に講じつつ、近況報告やコース説明に書籍紹介等あった後、早速の出発です。道沿いに咲くカラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)とスズメノエンドウ、ヒメコウゾとヤマグワ、ハウチワカエデとコハウチワカエデ等を比べたりしながら森に入ると、真白い花房のウワミズザクラが無数に群れ咲き、ヤマツツジが道を赤く彩ります。紫のトウゴクミツバツツジが咲き残り、耳飾りの様なアブラツツジが咲き始め、ミヤマガマズミやオトコヨウゾメも白く浮き立っています。林床を見れば早くも、仙台の象徴花ヒメシャガ(準絶滅危惧)が咲きこぼれ、イカリソウの紅紫の花々も目立っていました。沢のあちこちからはぐーっぐーっとタゴガエルが鳴き、遠くからヤマアカガエルの声も聞かれ、細流の水溜にはトウホクサンショウウオの卵嚢や元気な幼生が見られました。行く道々の藪からは、ウグイスが何時になく高らかに歌い、ヤブサメも頻りに鳴き、あちこちからはキビタキの囀りも聞こえてきます。昨日までは間近で見られたオオルリの姿は見えなかったものの、実物(亡がら)の瑠璃の輝きや円らな瞳に、遥かな旅の末の無念を想いました。道端にも咲き零れる、同じ瑠璃色のルリソウ(準絶滅危惧)にも心打たれました・・・
イカリソウの道 ヤマツツジの森 ギンラン ヤマアカガエル
 花では他に、マイヅルソウの群落の他、コナラ、サラサドウダン、ツリバナ、ニシキギ、オオウラジロノキ、キュウリグサ、ニガイチゴ、カキドオシ、フジ、ミツバウツギ、ニワトコ、トリガタハンショウヅル、チゴユリ、ツボスミレ、エゾタンポポ、セイヨウタンポポ、ミツバツチグリ、アオキ、ナツトウダイ、シナノタイゲキ、クヌギ、サルトリイバラ、タチシオデ、ミツバ、オニタビラコ、マムシグサ、ハルジオン、オオイヌノフグリ、クサノオウ、キュウリグサ、アズマネザサ、カリン、トチノキ、ユウシュンラン(絶滅危惧Ⅱ類)、ギンラン(絶滅危惧Ⅱ類)、シラネアオイ(絶滅危惧II類)等が見られました。野鳥では他に、ツツドリ、メジロ、アオゲラ、エナガ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハシブトガラス、イワツバメ、トビ、シジュウカラ、ガビチョウ等を確認できました。動物では、道に飛び跳ねたヤマアカガエル、カモシカやテン、リス等の数多くの痕跡。昆虫では、葉に止まっていたムシヒキアブの仲間、ミヤマガマズミにいたヨツボシテントウ、葉陰でじっとしていたクロアゲハ等が見られました。キノコでは、マツオウジの幼菌、カワラタケ、ヒトクチタケ等が出ていました。きょうは、生憎の天候ながら少人数で、新緑滴る爽やかな森で、数多くの花々や生き物達に出会いました。周囲の大開発やコロナ騒動に、盗掘、松枯れ、藪刈り等々、心痛む種は尽きませんが、身近な自然に息づく命に励まされて、一木一草心を込めて観察し続けて行きたいものです…
トウホクサンショウウオの幼生 トリガタハンショウヅル 完全防備の会でした マイヅルソウ.
 来月の6/9は、エゴノキの花の香漂う森の中、キビタキ、ホトトギス等の声を聞きながら、ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)等の花々、モミジイチゴ、ヤマグワ等の果実を楽しみます。又、必ずや素敵な出会いがあることでしょう・・・ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロアゲハ(黒揚羽) | メイン | マイヅルソウ(舞鶴草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4978-c7d069a0

| メイン |
ゆきかえる