FC2ブログ
>
ヤブマメ(藪豆)   
2008/09/15(Mon)
  きょうは、一日曇りでした。
 道端の藪陰に、ヤブマメ(マメ科)が咲いていました。蝶の羽に見たてられる旗弁の紫、他の花弁の白、萼の赤紫の花が4-5個づつ連なって、オランダかルクセンブルクの国旗の波の様にも見えました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の林縁や草原等に生育する蔓性の一年生草本です。蔓は細い針金状で左巻きに伸びて行きます。夏~秋に花を咲かせ、黒紫色に熟す豆果を付けますが、地中にも閉鎖花を付け、暗紫色の丸い豆果を結びます。有性生殖をする地上部の種子では、他所への散布を期待し、単為生殖である地下の種子は、取敢えず翌年への存続を確保する役目を持つ様です。地下の豆果はソラマメに似た味がして美味で、アイヌ料理としても昔から食べられていました。名は、藪に生える豆の意。茎葉の毛が伏し、葉が薄く、頂小葉の先がやや長いものをウスバヤブマメとして分ける事もある様ですね・・・
 樹液の木には、クロヒカゲがまだ沢山来ていましたよ…
ヤブマメ 樹液を吸うクロヒカゲ達   
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チョウセンカマキリ(朝鮮螳螂・朝鮮蟷螂) | メイン | 九月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/501-d88b9d48

| メイン |
ゆきかえる