FC2ブログ
>
クロスジギンヤンマ(黒筋銀蜻蜓)
2020/06/19(Fri)
  きょうは、曇り時々雨が降りました
  道沿いに、クロスジギンヤンマ(ヤンマ科)がいました。腹に青みの無い雌で、雨を避けてか、薄暗い藪影でじっとしていました。北海道〜九州・奄美の、丘陵地の雑木林内の、抽水植物、浮葉植物、沈水植物が茂るやや薄暗い池沼付近等に生息する体長71-81mmのヤンマの仲間です。成虫は4-7月に出現し、胸部が緑色で、腹部の付根が青く、ギンヤンマに似ていますが、発生時期が早く、全体に黒っぽくて胸部側面に黒条があることで見分けられます。雄は、池沼に広い縄張を持って悠然と飛び回ります・・・
クロスジギンヤンマ♀ 小雨の山
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカスジキンカメムシ(赤条金椿象・赤条金亀虫) | メイン | マタタビ(木天蓼)の花と葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5019-50bfb6f1

| メイン |
ゆきかえる