FC2ブログ
>
サワギキョウ(沢桔梗)の花 
2008/09/17(Wed)
 きょうは、大体晴れました。
  森の小湿地に、サワギキョウ(キキョウ科)が咲いていました。近寄れば花一つ一つが青い鳥に見えて、離れれば無数の瑠璃鳥が四方八方に群れ飛ぶ様でした。北海道~九州の他東アジアの、山野の湿地等に自生する多年草です。国内では北に行く程多く、やや栄養分の多い湿地に生育します。キキョウと同様雄性先熟で、雄蕊から花粉を出す雄花期と、その後雌蕊の柱頭が出る雌花期があります。アルカロイド系ロベリンを含む毒草で、間違って摂取すると、呼吸興奮、嘔吐、下痢に続いて虚脱状態に陥り、多量だと痙攣、呼吸・心臓麻痺を起して死に至る事もあります。只、薬草として麻酔や呼吸中枢興奮薬等にも利用される事がある様ですね・・・
  森のあちこちで、ミヤマガマズミの赤い実が目立って来ましたよ・・・
サワギキョウ ミヤマガマズミ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミドリヒョウモン(緑豹紋) | メイン | チョウセンカマキリ(朝鮮螳螂・朝鮮蟷螂)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/503-00f23011

| メイン |
ゆきかえる