FC2ブログ
>
キジ(雉子、雉)
2020/07/24(Fri)
  きょうは、晴れ後曇って、晩方には雨が降り出しました(19.4~26.8℃/南東風)。
  林縁の草原に、キジ(キジ科)がいました。美しい身を煌かせる雄でしたが、開けた道沿いから、キョロキョロしながら草叢へと、胸を張りながらゆっくり消えて行きました。本州~九州の、山地~平地の明るい林や河原、藪地等に生息する全長80cm程の(雌は約60cm)留鳥です。日本の国鳥ですが狩猟鳥でもあり(国鳥が狩猟対象なのは日本のみ)、毎年大量に放鳥され、嘗ての固有亜種は雑種化しています。主に地上で採食していますが、夜は樹上や藪の中で塒を取ります。青葉山では、広瀬川沿いや林縁、藪地等で普通に見られていましたが、河川管理等の諸工事で減少しています・・・
キジ 沢の縁
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロタマゴテングタケ(白卵天狗茸) | メイン | オオウバユリ(大姥百合)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5055-65e026be

| メイン |
ゆきかえる