FC2ブログ
>
キハツダケ(黄初茸)
2020/07/28(Tue)
  きょうは、一日中雨が降りました(20.0~21.6℃/南南東風)
  樅の下に、キハツダケ(ベニタケ科)が生えていました。 15-6cmはある大きな茸で、木を取り囲む様に沢山出ていましたが、試しにと襞に触れると、見る間に青白くなりました。秋に、全国の山地~平地のモミ類やマツ類林内地上に発生する、傘径6-15㎝の中~大型菌です。淡黄~淡黄褐色の傘は、初め中央が窪んだ平たい饅頭形で後に浅い形漏斗型に開きます。襞は密で淡黄色。柄は傘とほぼ同色。 傷付けると初め白い乳液が出て後に青緑色に変色します。 食用ですが、少し苦みがあります。名は、黄色い初茸(初秋に多く発生ともされるが不明)の意。青葉山では樅林下に見られます…
キハツダケ きょうの不動滝
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツバメシジミ(燕小灰蝶) | メイン | ヘビキノコモドキ(蛇茸擬)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5059-6510f437

| メイン |
ゆきかえる