FC2ブログ
>
ヤブハギ(薮萩)
2020/08/13(Thu)
  きょうは、晴れて暑くなりました(25.5~33.8℃/南南東風)。
  道沿いに、ヤブハギ(マメ科)が咲いていました。薄紅色の小花が草々枝々に鏤められて、淋しい森の小道をめんこく彩っていました。北海道~九州の、山地の林内や林縁に生育する高さ60〜100㎝の多年草です。ヌスビトハギ(盗人萩/果実が盗人の足跡に似るため)の変種で、葉や花、果実は良く似ていますが、より林地を好んで北方に多く、茎は殆ど枝分かれせずにの中央から下の方に密集し、葉裏が白っぽいのが特徴です。葉は互生で長さ4〜6㎝狭卵形の3小葉からなり、先は次第に細くなり裏は淡緑色。8-9月、茎先に細長い総状花序を成し、蝶形で長さ3〜4㎜、淡紅色の花を疎に付けます。節果には短柄があり、半月形小節果2、鉤状毛があり、動物等にくっ付いて運ばれます。青葉山では、明るい林内に見られます…
ヤブハギ はあとの雲
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キカラスウリ(黄烏瓜)の花 | メイン | オオハンゴンソウ(大反魂草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5077-105d6e36

| メイン |
ゆきかえる