FC2ブログ
>
カラハナソウ(唐花草) の雌花
2008/09/22(Mon)
  きょうは、曇り後晴れました。
  藪際の道端に、カラハナソウ(クワ科)の雌花が咲いていました。街が一望できる山道には爽やかな秋風が吹いて、沢山の鞠花が揺れていました。一房採って小苞の黄色い粒を噛むと、ホップの香りが口一杯にに広がりました。北海道~中部以北の他、中国北部等の、亜高山~低山の林縁等に生育する蔓性多年草です。葉は3裂したり楕円形だったりしますが、花の咲く茎では楕円形になっています。西アジア原産のホップ(セイヨウカラハナソウ)の日本産野生種で、日本最初のビールは当種で作られたのだとか。ビール作りは少々難しい様ですが、焼酎等に漬け込んだカラハナソウ酒は簡単で、ほろ苦さが堪えられません。と言っても、採り過ぎは厳禁、クジャクチョウやキタテハ、シータテハ等幼虫の食草でもありますから・・・
カラハナソウの雌花と仙台市街 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブカラシ(藪枯らし) | メイン | ユウガギク(柚香菊)とオオメカメムシ(大目亀虫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/508-2056b246

| メイン |
ゆきかえる