FC2ブログ
>
シロオニタケ(白鬼茸)
2020/08/19(Wed)
  きょうも、晴れて暑くなりました(23.7〜31.1℃/南南東風)。
  道端に、シロオニタケ(テングタケ科]が生えていました。何時も円い樹氷山ばかり見ていましたが、横から見るとすらりとして、案外にとても格好良く見えました。傘径9~20cm程のテングタケの仲間で、傘表面は白く微粉に覆われ、角錐形の尖った疣が全体に付きます。幼菌時は丸く、次第に円盤状に平開。襞はやや褐色を帯びた白色で密。柄は長さ15~22cmで、表面は綿質の細かい鱗片に覆われ、下方は棍棒状に著しく膨らみ、中実、傘同様の疣が附着。大きな綿質〜膜質の鍔は傘が開く際に破れ、柄には殆ど残りません。有毒で、胃腸等消化器系の中毒症状や神経系の異常を来す毒を持ちます。青葉山では、極普通に見られます・・・
シロオニタケ 山から空




スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キアゲハ(黄揚羽) | メイン | マイマイカブリ(蝸牛被)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5083-2fefdf85

| メイン |
ゆきかえる