FC2ブログ
>
ヤブカラシ(藪枯らし)
2008/09/23(Tue)
きょうは、晴れたり曇ったりでした。
 川岸の藪で、ヤブカラシ(ブドウ科)の花が咲いていました。豆菓子状の花を見ていたら、戴冠式中の王様が、妃や臣下達に囲まれているかの様に見えて来ました。北海道西南部~南西諸島の他、東~東南アジアの、道端、林縁、荒地等に生育する蔓性多年草です。小さな花は目立ちませんが、開花すると朱色を帯びて目立ちます。緑色花弁と雄蕊は半日程で落ち、白い雌蕊が真中に立つ花盤が残ります。この花盤は蜜が豊富で、様々な昆虫が良く集まり、次第に淡紅色を帯びます。多くは3倍体で結実しませんが、一部の2倍体株は花後に黒く丸い液果を付けます。若芽は茹でてあく抜きすると、滑りのある山菜になります。漢名は「烏歛苺(ウレンボ)」で、利尿・解毒・鎮痛等の生薬にも利用されます。名は、藪を覆って枯らしてしまう程生育旺盛な事に因ります。別名の「びんぼうかずら」は、庭の手入れどころではない貧乏人の家に生い茂るからとか、絡まれた家屋が貧相に見えるから、山林を枯らすので家が貧乏になるから、等と言われています・・・
ヤブガラシ/咲き始めは花弁も雄蕊も揃っています(中央) 
 又々すっかり忘れてしまっていましたが、「きょうの青葉山」はこの日で3周年になりました。今のところ毎日欠かさずに続けていますが、常に綱渡り状態で、何時如何なるものか?皆目分りません。何れにせよ、できる限り休まず、長く続けて行くつもりですので、これからもどうぞ宜しくお願いします・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イヌタデ(犬蓼) | メイン | カラハナソウ(唐花草) の雌花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/509-5466d804

| メイン |
ゆきかえる