FC2ブログ
>
ツルフジバカマ(蔓藤袴)
2020/09/03(Thu)
   きょうは、雨後曇って、一時晴間もありました(24.6~30.5℃/南東風)。
   道沿いに、ツルフジバカマ(マメ科)が咲いていました。叢の草木に絡まりながら、紫蘭や飛信子をも思わせる花穂が、艶やかに輝やいていました。朝鮮、中国、サハリン、クリル、シベリア等に広く分布し、日本では北海道~九州の山野に生育する蔓性多年草です。全体に軟毛があり、茎には稜があります。小葉は10-16個あり、長さ1.5-4cmの長楕円形で、托葉は粗く裂けます。主に8-10月、紅紫色で長さ1.2~1.5cmの蝶形花を、総状に咲かせます。豆果は2-3cmの長楕円形で、1-5個の種子を含みます。良く似たクサフジは小葉が17-18枚以上あります。名の由来は、蔓性でフジバカマの花色に似ているからとか、托葉や花の様子を袴に見立てた等と言われています。青葉山では、草原等に見られます・・・
ツヅラフジ 霞むやま
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミゾカクシ(溝隠) | メイン | アミメオオエダシャク(網目大枝尺(蠖))>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5098-d36eb2b8

| メイン |
ゆきかえる