FC2ブログ
>
オオセンチコガネ(大雪隠黄金)
2020/09/10(Thu)
   きょうは、雨後晴れました(24.8~31.9℃/南西風)。
   道i端に、オオセンチコガネ(センチコガネ科)がいました。イノシシのものと思われる糞に、正に「掃溜めに鶴」ならぬ美しい宝玉が、紅玉、翠玉、蒼玉を併せた様な輝きを放ってました。 北海道~九州の山野に生息する、体長16-22㎜のコガネムシの仲間です。成虫は4-11月に出現し、体色は黒っぽく、センチコガネに良く似ていますが、頭部前縁は前方に長く、頭楯の形状は台形で、より体表の輝きが強く、金緑、金青緑、金紫、金赤紫等地域によって様々な変化があります。上翅には細かな筋があり、胸部背面中央に縦筋があります。獣糞や動物の死骸に集まり、雌は地中へ糞を埋めこんで産卵します。幼虫は糞を食べて育ちます。青葉山では、センチコガネ同様に、低空飛翔したり、糞に集まる姿が見られます…
オオセンチコガネ 暗い道
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チャイロスズメバチ(茶色雀蜂) | メイン | キツネノカラカサ(狐唐傘茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5105-64ec3cc9

| メイン |
ゆきかえる