FC2ブログ
>
メナモミ(雌薟)
2020/09/28(Mon)
  きょうは、大体晴れました(15.3~23.3℃/南西風)。   
 道端に、メナモミ(キク科)が咲いていました。割と大きな群で、近寄れば、緑に黄金のブローチの様で、粘り気もあるので、何か大切な時の為取って置きくなりました。温~亜熱帯に広く分布し、日本では、北海道~九州の山野の路傍や荒地等に生育する、高さ60-120cmの多年草です。茎は直立し、上部の茎葉には白い開出毛が密生します。葉は対生し、卵~3角状卵形で、長さ7.5-19cm、幅6.5-18cm。粗い鋸歯があり、葉柄には翼があります。9-10月。枝分かれした茎上部に円錐花序に多数の頭花を付け、5個の総苞片は長さ10-12mmで、柄のある腺が多数付き、頭花は黄色く、頭花周辺に3裂した舌状花、中央に5裂した筒状花が付きます。痩果は長さ2.5-3.5mm。青葉山では、路傍等に見られます・・・
メナモミ. 大橋から
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コテングタケモドキ(小天狗茸擬) | メイン | アケボノソウ(曙草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5123-37a0d26d

| メイン |
ゆきかえる