FC2ブログ
>
コテングタケモドキ(小天狗茸擬)
2020/09/29(Tue)
 きょうは、大体晴れました(14.4~21.9℃/南東風)。 
 道沿いの小楢の樹下に、コテングタケモドキ(テングタケ科)が生えていました。オリミキが沢山出ている木の根元に、素鼠色の大小の茸が、二組の親子の様に並んでいました。夏~秋に、本州~九州のコナラ、クヌギ等の広葉樹林、シイ、カシ等の照葉樹林、アカマツと広葉樹の混生林等の地上に散生する中~大型菌です。径3-11㎝の傘は、帯灰褐色で時にやや絣模様を表し、時に壺の白い膜片を付着し、周囲はしばしば内被膜の名残で白く縁取られ、襞は白くて密です。5-12cmで太さ6-18㎜の柄は白く中実で、表面はややささくれて、上部に膜質の鍔、基部に袋状の壺があります。有毒で、胃腸、内臓系及び痙攣等神経系の中毒を起す可能性があると言われますが、未解明の様です。青葉山では、広葉樹林内地上に普通に見られます・・・
コテングタケモドキ 線光
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツクシハギ(筑紫萩・土筆萩) | メイン | メナモミ(雌薟)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5124-a44f505a

| メイン |
ゆきかえる