FC2ブログ
>
チシオタケ(血潮茸)
2020/10/07(Wed)
   きょうは、大体晴れました(11.6~22.0℃/南東風)。
   道沿いの木柵に、チシオタケ(キシメジ科)が生えていました。小さく地味な小菌でしたが、逆光で見ると名の通り、血潮流るる管の如く、赤々と染まっていました。夏〜秋に全国の山野の広葉樹の朽木上に群生する、傘径2-3㎝程の小型菌です。傘色は淡赤紫~淡赤褐色で中心部分は色が濃く、湿時は表面に滑りが見られ、幼時は卵形で、成長するとやや開き、釣鐘型又は円錐形となります。傘には放射状の条線があり、縁には鋸歯状飾り(フリンジ)が見られます。襞は直生し白く、成長すると黄を帯びる事もあります。柄は長さ4-12㎝で中空。柄の色は傘より色が濃く、細かい綿毛状繊維が見られ、基部は白い菌糸に包まれます。傷付けると暗赤色の液が出るのが特徴。青葉山では、広葉樹枯木に普通に見られます…
チシオタケ 漣
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フジウスタケ(富士臼茸) | メイン | カラハナソウ(唐花草)の果穂>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5132-b7e62c3b

| メイン |
ゆきかえる