FC2ブログ
>
テンニンソウ(天人草) の花
2008/09/28(Sun)
 きょうは、曇り時々晴れました。
 竜ノ口峡谷のあちこちに、テンニンソウ(シソ科)が咲いていました。峡谷の縁に佇む天人・天女達には、トラマルハナバチ等の花蜂達が次々に訪れ、谷底にありながら、天界に迷込んだ様な心地なりました。北海道~九州の、山地の林内、林縁の日陰地に群生する多年草です。毛に見えるのは蕊で、下から上へと開花して行きます。名の由来には、蕾を天人に譬えたとの説もある様です。トラマルハナバチ(ミツバチ科)は北海道~九州に生息し、青葉山では最も普通な花蜂です。とても毛深くて花粉が付き易いので、花達にとっては、大のお得意さんになっています。理由は分りませんが、全国的に(特に西日本で)激減している様です・・・
テンニンソウとトラマルハナバチ 竜ノ口の空 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミゾソバ(溝蕎麦) の花 | メイン | ゴマナ(胡麻菜) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/514-8bca22bc

| メイン |
ゆきかえる