FC2ブログ
>
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)♀
2020/11/03(Tue)
  きょうは、大体晴れました(11.4~18.8℃/北風)。
  川沿いのセイタカアワダチソウに、ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族)の雌がいました。始めはアカタテハの仲間かと思いましたが、黄橙部は豹紋で白帯もくっきりとして、当種と分かりました。アフリカ北東部〜インド、インドシナ、オーストラリア、中国、朝鮮等の熱帯・温帯域に広く分布し、日本では本州〜沖縄の山野や都市周辺の公園等に広く生息する、前翅長27-38mmのヒョウモンチョウの仲間です。成虫は4-11月に出現し、名の由来通り、雌は前翅先端部表面が黒地で白帯が横断し、ほぼ全面に黒斑が散らばります。翅裏は薄い黄褐色の地に濃黄褐色斑があり、前翅の根元は薄紅色。雄の翅の表側は典型的な豹柄ですが、後翅外縁が黒く縁取られるので他種と区別できます。元々南方系の蝶で、同じ南方系の有毒蝶・カバマダラに擬態しているとされますが、地球温暖化もあって分布を北上させ、当地では擬態の必要もなくなったようです。青葉山周辺では、近年良く見られるようになり、特に雌は越冬もしている様です…
ツマグロヒョウモン♀ 橋から
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニシキギ(錦木) | メイン | ユキムシ(雪虫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5159-b776a352

| メイン |
ゆきかえる