FC2ブログ
>
ヤマボウシ(山法師、山帽子)の実
2008/10/04(Sat)
 きょうは晴れ後曇りで、昼間は気温が上がりました(12.0~23.7℃)。
 森の林床に、ヤマボウシ(ミズキ科)の果実が落ちていました。ホヤの様な雰囲気で、ライチや機雷、サッカーボールにも見える不思議な実ですが、食べると甘くて、オレンジとマンゴーが混じったゼリーの味がしました。又、果皮を噛んでも、粗目の様な甘さと食感があり、楽しい気分になれました。本州~沖縄の他、朝鮮、中国の、亜高山~山地の谷筋等に生育する落葉亜高木です。実は果実酒等にもなりますが、動物達の貴重な食料ですから、採り過ぎは禁物です・・・
 三居沢の河原は、きょうも芋煮会で賑わっていましたよ(川で泳いでいる人達も!)・・・
ヤマボウシの実 芋煮会風景(左が青葉山、右が放山。牛越橋より)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオタカ営巣地のチシオタケ(血潮茸)と約束違反のテープ | メイン | アケボノソウ(曙草) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/521-401ea4a4

| メイン |
ゆきかえる