FC2ブログ
>
オオタカ営巣地のチシオタケ(血潮茸)と約束違反のテープ
2008/10/05(Sun)
  きょうは晴れ後曇って、夜には小雨が降りました。
  森(オオタカ営巣地)の入口の朽木上に、チシオタケ(キシメジ科)が沢山生えていました。薄紫でフリル付きのパラソルが犇めき合って、貴婦人達が囁き合っている様でした。触ると柄が折れて、静脈血の如き赤黒い液が滲み出て、嫌な予感が過りました。夏~秋に、広葉樹の枯木に群生する小型のキノコです。名は、傷を付けると暗赤色の血液の様な液が出る事に因ります・・・
  久し振りに訪ねたオオタカ営巣地(地下鉄東西線、都市計画道路予定地)には、工事ルートに沿って?テープが張り巡らされていました。こんな話は聞いていません!作業道の工事開始が迫るとは言われていても、営巣地そのものには、「少なくも来秋(2009秋)までは手を付けない」との仙台市の約束でした。そこら中、そして営巣木三本の其々の直下に張られたテープは、「もう二度とこの地で暮らすな!」との、オオタカ達への威嚇でしかありません。近くからは、きょうも今年巣立った若鳥と思われる鳴き声がしていましたが、私には、とても悲しげなものに聞えました。テープは即刻、取り外して貰いましょう。そして、来春の営巣を不可能にさせる作業道工事も、少なくも来秋まで延期して貰いましょう。皆さん、力を貸してください・・・
チシオタケ 樅林に張り巡らされたテープ 営巣木の直にi張り巡らされたテープ
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオタカ営巣地(地下鉄東西線、都市計画道路の路線予定地)を守ろう! | メイン | ヤマボウシ(山法師、山帽子)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/522-27ad3511

| メイン |
ゆきかえる