FC2ブログ
>
十月観(視)察会
2008/10/12(Sun)
 きょうは朝から晴れて、絶好の観察会日和となりました。
 先月に続いてキノコ中心の会なのですが、今秋は近年にない不作の様で、昨日の下見でも、出るべき普通のキノコがさっぱり見当たりませんでした。歩いた距離も、会の後引き続き旧ゴルフ場(東北大学キャンパス予定地)視察が予定されるため、片道ほんの500m程でした。案の定、スギヒラタケ等の毒とされるものは目立ちますが、全体に数も種類も少ないものでした。と言っても、最終的には、採集したものに観察できたものを加えると、確認数は30種程になっていました(アミタケ、オウギタケ、ハタケシメジ、マツカサキノコモドキ、コカブイヌシメジ、シロシメジ、オシロイシメジ、サマツモドキ、キララタケ、スギエダタケ、スギヒラタケ、チシオタケ、ホコリタケ、エリマキツチグリ、ヒナツチガキ、ドクベニタケ、ニガクリタケ、ニガクリタケモドキ、ツルタケ、タマシロオニタケ、カワラタケ、ウチワタケ、シロハツ、ナガエノスギタケ等・・・順不同)。中でも、珍しいナガエノスギタケは、傘が大きく開いた立派なもので、一見モミタケを思わせましたが、スコップで根元を掘ってみれば、長い柄が何処までも深く続いていて、真下にモグラの雪隠がある事が分りました。一本持ち帰り試食すると、少し苦味はあるものの、松茸の様な香りと食感で、特にさっと焼いたものが美味しく頂けました。又、道端にマツカサキノコモドキが群生し、松ぼっくりから生えためんこいキノコがあっちこっちに顔を出していて、楽しくなりましたね。
オヤマボクチ ひゃーっすごいのがぁ! ナガエノスギタケ. 仲良し三人組
 咲いていた花では、ナギナタコウジュ、ヤブガラシ、アキノキリンソウ、イヌタデ、オヤリハグマ、キッコウハグマ、コバノセンダングサ、シロヨメナ、センボンヤリ、ナンブアザミ、ダキバヒメアザミ、オヤマボクチ、ツクシハギ、ノコンギク、ガンクビソウ等が見られました。フユノハナワラビの胞子茎も沢山立ち上がっていました。目立っていた実では、ウメモドキ、オトコヨウゾメ、クヌギ、コナラ、ミズナラ、シラカシ、チゴユリ、ツクバネ、ナツハゼ、ツルアリドオシ、オオバジャノヒゲ、ツルリンドウ、マムシグサ、ミヤマガマズミ、ガマズミ、ムラサキシキブ、ヤブムラサキ、ハクウンボク、クサギ等がありました。ヤマノイモのむかごも一杯生っていました。他では、落し穴にいたキタアオオサムシやゴミムシ達。昨日と同じ木で食事をしていたシャチホコガの幼虫。飛び出て来たヤマアカガエルやミヤマフキバッタ、ニホンカナヘビやアシグロツユムシ。派手で大きなイシサワオニグモ。小群を作っていたエナガやヤマガラ。会の前後には、上空を飛び行くオオタカを確認されたり、車道を横切るカモシカの写真を撮られた方々もいましたね。そのまま東北大新キャンパスの工事説明会に移行しましたが、きょうは皆さん、如何だったでしょうか???
 来月の11/9(日)は、落葉を踏みながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しながら、紅葉を愛でます。キノコも出ているかも? では又、お楽しみに・・・
マツカサキノコモドキ 最後にパチリ!. ウメモドキ 撮りきれません….
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<東北大学移転に伴う土木工事現地説明会 | メイン | シャチホコガ(鯱鉾蛾)の幼虫>>
コメント
-  -
観察会ではおせわになりました。わずかな時間に
初めて出あうものばかりで、声にはだしませんでしたが感激しどおしでした。灯台もと暗し、ですね。また参加します
2008/10/13 22:47  | URL | 山の金魚 #-[ 編集]
-  -
じじ様
昨日は、こちらこそ有難うございました。
と言っても、じじ様がどなただったのか、分りませんでした。今度お会いする時は、是非お声をかけてください。
これからも、よろしくお願い致します。
2008/10/13 22:21  | URL | てん #-[ 編集]
-  -
ブログは毎日楽しみに拝見していましたが観察会は今日初めて参加させていただきました。
キノコは正直あまり興味がないと思っていましたが随分珍しいものに出会い楽しい一日でした。有難うございました。
2008/10/13 00:55  | URL | じじ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/529-02c7dcbb

| メイン |
ゆきかえる