FC2ブログ
>
カタクリ(片栗)の花芽
2021/03/16(Tue)
   きょうは、晴れ後曇って、時々小雨が降りました(3.0~13.8℃/西北西風)。
   道端のカタクリ(ユリ科)の、花芽が膨らんでいました。一昨日の観(視)察会でも見られましたが、あっという間にあちこちに、上向きの白い尖り帽子は勿論、下向きに紅を差し、今にも綻びそうな芽も沢山ありました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、ロシア沿海地方、クリル、サハリン等の落葉広葉樹の林床に群生する、草丈10-25㎝の多年草です。3月末~4月初め、長さ4-5㎝で薄紫~桃色の花を、下向きに咲かせた後、あっと言う間に消えてしまいます。名の由来は、、鱗茎の形が栗の片割れに似るから等種々ありますが、古名の堅香子(カタカゴ)とはコバイモ(ユリ科)の事で、その乱獲・衰微に因ってその名が遊離し、何時の間にか今のカタクリが名を継いだ、との説も有力です。仙台ではカタカゴの他、カゴベ、カダケ等とも呼ばれています。青葉山では到る所に見られ(所々に白花も!)、大群落もあちこちにありますが、開発や管理・盗掘等で大分減少しています・・・
カタクリ花芽 霞陽
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キブシ(木五倍子) | メイン | ツノハシバミ(角榛)の雌花 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5294-f00e57f6

| メイン |
ゆきかえる