FC2ブログ
>
ルリタテハ(瑠璃立羽)
2008/10/13(Mon)
 きょうは、一日快晴でした。
 森の日溜りに、ルリタテハ(タテハチョウ科)が止まっていました。地味で枯葉の様な裏翅を見せながら、時折名前通りの、目も覚めるばかりの瑠璃色模様を瞬かせていました。近寄ると、あっという間に何処かに消えてしまい、暫くすると、何時の間にか又戻っていました。北海道南部~南西諸島の他、東~南アジア(ロシア沿海地方~インド)の、山地~平地の森林と周辺部に生息し、時折都市公園等にも現れます。 幼虫の食草は、サルトリイバラ、ホトトギス類、ユリ類等で、成虫で越冬し、早春には逸早く飛び始めます。花には訪れず、樹液や腐ったもの等に集まります。南西諸島のものを南西諸島亜種、種子島・屋久島以北のものは本土亜種として分類される様ですね・・・
 化石の森は、祭日にも拘らず森閑としていましたよ・・・
ルリタテハ 化石滝 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウワバミソウ(蟒蛇草) の株芽 | メイン | 東北大学移転に伴う土木工事現地説明会>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/531-7580908f

| メイン |
ゆきかえる