FC2ブログ
>
フモトスミレ(麓菫)
2021/04/16(Fri)
  きょうは、曇り時々晴れて、風のある一日でした(4.8~16.3℃/南南東風)。
  林床に、フモトスミレ(スミレ科)が咲いていました。小さく純白の花は清しいばかりですが、唇弁には濃紫の筋が入って、きりりと気丈な風情がありました。本州~九州の、やや乾いた林床や日当たりの良い丘陵地の草地等に生育する、高さ4-6 cmの無茎性の多年草です。地下茎は短く、葉は長さ1-3 cmで卵形〜広卵形で基部は心形、低鋸歯があります。表面には普通毛があり、裏面は紫色を帯びます。4-5月、径7-10 mmの白花を咲かせ、上弁は反り返り、側弁には普通毛があり、唇弁の基部にも短毛があります。唇弁は他弁より小さくく、紫色の条が入ります。距は2-3 mm。萼片は広披針形。名は、山の麓に多く生える事に因りますが、分布域が極限される上に近年減少が進み、県レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定。青葉山でも、局地的しか見られません・・・
フモトスミレ 春の山.
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマモミジ(山紅葉) の花 | メイン | ヒメギフチョウ(姫岐阜蝶) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5326-4bfdfd33

| メイン |
ゆきかえる