FC2ブログ
>
アカスジキンカメムシ(赤条金椿象・赤条金亀虫)の幼虫
2008/10/15(Wed)
 きょうは、晴れたり曇ったり雨が降ったりと、天気が目まぐるしく変わりました。
 遊歩道の階段に、アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)の幼虫がいました。まぁるい体に、紫や緑に輝く黒地。不思議な白い模様は、猫か誰かが鼠の尻尾を捕まえている様に見えました。成虫は勿論美しいけれど、この幼虫の渋い美しさと愛らしさも中々だと思いました。この子は終齢(5齢)幼虫の様で、この姿のまま落葉下や樹皮下で越冬します。本州~九州や台湾、中国本土等の、山地~平地の森林に生息し、成虫・幼虫共にフジ、キブシ、ミズキ、コブシ等の広葉樹に付いて、葉や実の汁を吸います。暖地性種で、宮城県レッドデータブックでは要注目種に指定されています・・・
アカスジキンカメムシ幼虫 こちらがアカスジキンカメムシ成虫(以前に撮ったもの) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミヤマガマズミ(深山莢蒾/深山鎌酸実) の実 | メイン | ウワバミソウ(蟒蛇草) の株芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/533-8c1621b9

| メイン |
ゆきかえる