fc2ブログ
>
シロバナヒメシャガ(白花姫射干、白花姫著莪)
2021/05/20(Thu)
   きょうは、晴れ時々曇りました(13,9~24.4℃/南南東風)。
   草叢に、シロバナヒメシャガが咲いていました。萎れて少なくなったヒメシャガ(アヤメ科)の中に、白鳥の羽の様な純白の花が、一輪清らかに佇んでいました。当種の白花変種で、一部区域に、シロバナイカリソウシロバナタニウツギ等と共に数多く見られます。ヒメシャガは、北海道南西部~九州北部のやや乾燥した林内等に生育する多年草で、日本固有種。5-6月に、径4cm程の淡紫色の花を咲かせます。仙台を代表する花で、全国的に激減し、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)ですが、当山では、明るい林床等の何処でも普通に見られます・・・
シロバナヒメシャガ 隣の山
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハリエンジュ(針槐) | メイン | オククルマムグラ(奥車葎)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5361-04f42866

| メイン |
ゆきかえる