fc2ブログ
>
クサガメ(草亀・臭亀)
2021/08/05(Thu)
   きょうも、晴れて暑くなりました(25.1~34.5℃/南南東風)。
   池畔に、クサガメ(イシガメ科)がいました。甲羅干し中の、大きく黒々とした雄の様でしたが、気が付けば、水蓮咲き桃源郷思わす水辺には、同種やアカミミガメ他大勢いて、吃驚しました。中国(東~南東部)や朝鮮に分布し、日本では北海道南西部~沖縄の池沼や河川等に生息する、最大甲長30㎝(雄は20㎝程)の亀です。背甲はやや扁平で、やや細長く角張った楕円形や俵型で、椎甲板と肋甲板に3つずつ筋状の隆起があります。背甲は主に灰褐~黒。頭部は大きく(大型個体では巨頭化)、吻端はやや突出し、後頭部は細かい鱗で被われ、濃灰褐~黒で、黄~薄黄緑色の不規則な斑紋や斑点が入ります。雑食性で、主に水中で採食し、大型個体は貝類や大型の甲殻類も噛み砕いて食べ、良く日光浴をします。開発による生息地の破壊等により激減しています。旧和名はヤマガメ、別名はキンセンガメ、ゼニガメ(幼体)等。青葉山周辺では、外来のアカミミガメ等に押されて、減少しています・・・
クサガメ 水蓮と亀甲羅干し
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コウモリタケ(蝙蝠茸) | メイン | ベニウスタケ(紅臼茸) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5445-0607e3fb

| メイン |
ゆきかえる