fc2ブログ
>
十月観(視)察会
2021/10/10(Sun)
  きょうは、曇り時々晴れの爽やかな森の中、きのこ中心の観察・鑑定会となりました(17.1~23.8℃/南東風)。集合バス停には遠来の方を含めて程良い数の方々が集まり、挨拶や近況報告の後、今回はきのこ同好会のK先生の案内の下、早速の出発です。長らく乾いていた山も昨日の雨でしっとりとして、大学構内の木々も、桜や花水木等色付き始め、少ないものの、道端にはアカヤマタケや、カワリハツ等ベニタケの仲間、ヌメリイグチ等イグチ類、カワムラフウセンタケ等フウセンタケの仲間、ホウライタケの仲間、アシボソノボリリュウ、カレエダタケ、有毒のオオワカフサタケ、猛毒のカエンタケ等が見られ、ノコンギクやアキノキリンソウ、ミゾソバ、イヌタデ等が咲き(蝶庭にはボタンクサギ、ランタナ、メドーセージ等)、あちこちにフユノワラビも観られました。森に入ると、チチタケやチョウジチチタケ、コタマゴテングタケやコテングタケモドキ等テングタケの仲間、ナラタケの仲間、無数に群れるスギヒラタケや、立派なウラベニホテイシメジ、タケリタケ、ヒメコナカブリツルタケ、キヒダタケ、チシオタケ、ヒメツチグリ、ニオイコベニタケ、クリノシロコナカブリ等特徴あるきのこが目立ち、シロヨメナやハグマ類(キッコウハグマ、オクモミジハグマ、オヤリハグマに、配布資料で取り上げたセンタイハグマ)等の白い花が良く咲いていました。中でもK先生の専門の、冬虫夏草(エダウチカメムシタケ、イトヒキミジンアリタケ、オイラセクチキムシタケ。ハナサナギタケ、アスケルソニア アレイロディス(イヌツゲコナジラミ幼虫に付く)、ギベルラタケ(アオキの葉裏の小蜘蛛に付く)等々)が数多く見られ(沢山発見して頂き)、それは驚きの連続でした。鑑定会では、イトヒキミジンアリタケやキマワリアラゲツトノミタケ等の冬虫夏草の他、食菌はとても少ないものの50種近い茸が集まり、菌に取り付かれた小さなアリやクモを拡大して観たり、食菌ウラベニホテイシメジと毒菌クサウラベニタケ等を識別したり、菌類の存在意義を考えたりもしました・・・
シロヨメナ 蝮草の道 クリノシロコナカブリ センダイハグマ
 きのこでは他に、ドクベニタケ、チャツムタケ、シロイボカサタケ、ハナオチバタケ、ホコリタケ、モミジタケ、ヒトクチタケ、フサヒメホウキタケ、シロソウメンタケ、エセオリミキ、スミゾメヤマイグチ、オオツルタケ、ベニナギナタタケ、ヒロハウスズミチチタケ、ムラサキゴムタケ、オツネンタケモドキ、シロヒメホウキタケ、ウチワタケ、カワラタケの仲間、ホウキタケの仲間等。花では他に、ヤクシソウ、ダキバヒメアザミ、ガンクビソウ、ゲンノショウコ、ミヤギノハギ、センダングサ、センボンヤリ、ハキダメギク、(アベリア)、他、果実では、ミヤマガマズミ、オトコヨウソメ、アオハダ、ウメモドキ、マムシグサやツルリンドウ等赤い実が目立ち、ナツハゼ、ツリバナ、クリ、ツクバネ、イヌツゲ、タラノキ、イイギリ、チゴユリ、ネナシカズラ、ミツバアケビ等も見られました。昆虫では、萩を飛び回るキタキチョウ、樹液の木にいたコガタスズメバチ?、ハグマにいた花虻等。動物では、道に跳び出たアカガエルの仲間、茸にいたヒラベッコウ(蝸牛)や、テン、ニホンリス、カモシカ等の痕跡の他、あちこちにイノシシの痕跡が目立ちました、野鳥では、アオゲラやカケスが良く鳴き、シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、ヒヨドリ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、トビ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ガビチョウ等を確認しました。又、帰り道、K先生が見つけたツブノセミタケや、長らく探していたホンゴウソウ(ホンゴウソウ科の菌従属栄養植物/県レッドリスト絶滅危惧Ⅰ類)にも出逢うことができました。
 きょうは、心地良い天気の下 K先生のお陰もあり、きのこ、取分け冬虫夏草については新発見も多く、楽しく。新たな出会いや喜びが、沢山あった一時だったのではないでしょうか・・・
鑑定会 イトヒキミジンアリタケ お疲れさん ホンゴウソウ .
 来月11/14(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!晩秋のキノコも見られるかも知れませんね・・・

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八15月は、「会」としてはお休みします)
★ 「杜の都 青葉山は今!」展示会 …2022年3/1(火)〜3/15(月) 青葉通地下道ギャラリーにて開催! 作品募集中!!!
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホンゴウソウ (本郷草) | メイン | ダキバヒメアザミ(抱葉姫薊) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5511-38e23ce0

| メイン |
ゆきかえる