fc2ブログ
>
ヒイラギナンテン(柊南天)
2022/02/14(Mon)
   きょうは大体晴れて、時折風花が舞いました(1.0~6.4℃/北風)。
  森の外れに、ヒイラギナンテン(メギ科)が咲いていました。周囲の黒白の世界に似合わない、黄金の花が鮮やかに、眩しくて眼に沁みる様でした。中国南部~ヒマラヤ原産で樹高2-3mの常緑低木で、日本には古い時代に中国から導入され、庭や公園等に良く栽培され、乾燥に強い事から緑地帯等の緑化樹としても利用されています。葉は奇数羽状複葉で互生し、硬い小葉は、名の通りヒイラギの葉に似て鋸葉は刺になります。春先に総状花序に黄花を付け、秋に液果を青熟します。花弁に見えるのは顎片(大小9)、中心に筒状に集まっているのが花弁(内外に6)で、雄蘂6。青葉山では、周辺植栽木からの野鳥による播種行動が見られ、温暖化もあって年々林内に生育地を広げていて、問題視されています・・・
ヒイラギナンテン 泉ヶ岳遠望
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シシガシラ(獅子頭)の胞子葉 | メイン | 二月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5639-d31e7eb7

| メイン |
ゆきかえる