fc2ブログ
>
トチノキ(栃、橡、栃の木)の花
2022/05/15(Sun)
  きょうは、晴れ後曇りました(13.2~20.0℃/西北西風)。
  道沿いのトチノキ(ムクロジ科)に、花が咲いていました。早くも散っているものも多いのですが、青空と緑の森を背に、豪華な婚礼菓子が立ち上がって、とても美味しそうでした。北海道西南部~九州の山地の谷間等に生育する、15-20mの落葉高木です。葉は枝先に集まり、長い葉柄の先に倒卵形の小葉5-7枚を掌状に付け、全体の長さは50cm程になります。5-6月、枝先に白~薄紅色の多数の両性花、雄性花からなる、高さ20cm前後の穂状花序を立ち上げます。秋に、大きく丸い果実が熟すと厚い果皮が割れて、尖りのない栗状の黒い種子を落とします。青葉山では、沢沿い等で見られる他、大学構内や公園等にも多数植栽されています・・・
トチノキ 緑の崖.
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカメガシワ(赤芽槲の紅葉(若葉) | メイン | イヌコリヤナギ(犬行李柳)の綿毛飛ぶ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5730-a2ff3693

| メイン |
ゆきかえる