fc2ブログ
>
アカシジミ(赤小灰蝶)
2022/07/12(Tue)
  きょうは、曇り後雨が降ったり止んだりでした(22.2~25.5℃/南東風)。
 夕暮れの森に、アカシジミ(シジミチョウ科)が飛んでいました。薄暗がりに紅く小さな火玉でも点滅している様でしたが、草葉に止まると、落ち着いた柿茶模様が素敵でした。朝鮮、中国東北、ロシア極東等に分布し、日本では北海道〜九州の山地〜低地の広葉樹林内に生息するシジミチョウの仲間です。成虫は5-7月に出現し、前翅長16-22mm、翅は雌雄共に橙色で、翅裏には白帯で縁取られた黄褐色の帯が縦に入ります。後翅肛角にある1対の尾状突起は黒く、先端は白。日中は不活発で、夕刻になると活発に活動。幼虫の食樹は、コナラ、ミズナラ、クヌギ、カシワ、アカガシ、アラカシ等で、新芽を好んで食し、成虫もその周辺で生活し、クリの花等で吸蜜。卵で越冬。青葉山では、飛ぶ姿がよくにたウラナミアンシジミと共に普通に見られます…
アカシジミ 若い林
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒルガオ(昼顔) | メイン | ヤマホタルブクロ(山蛍袋) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5789-86c81a84

| メイン |
ゆきかえる