fc2ブログ
>
コバネカミキリ(小翅髪切)
2022/07/31(Sun)
 きょうは晴れて、異常に暑くなりました(23.6~36.5℃/西北西風)。
 朽ちた倒木に、コバネカミキリ(カミキリムシ科ノコギリカミキリ亜科コバネカミキリ属)がいました。黒っぽい♀でしたが、こちらに気付くと素早くヒイロタケの傘に潜り込み、つんつるてんの上着とお尻を見せて、おしょしそうにしていました。北海道〜九州の山地〜平地に生息する、体長12~30㎜のカミキリムシの仲間です。成虫は5~9月に出現し、名の通り上翅が短く(♂がより短)、前胸背の側縁に1対の棘があり、♂は後縁以外は褐色で触角・脚は暗赤褐色、♀は全体に黒褐色。夜行性で、夕方近くになると♂が活発に飛び回り、♀は材上を歩き回り、日中でも薄暗い場所に居て、夜間灯火にも飛来します。幼虫は各種広葉樹の枯木を食べて育ちます。青葉山での生息状況は不明ですが、個体数は少ない様です…
コバネカミキリ あづい
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<< ミヤマクワガタ(深山鍬形)♂ | メイン | ミンミンゼミ(みんみん蝉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5807-02f4ee17

| メイン |
ゆきかえる