fc2ブログ
>
ミヤマママコナ(深山飯子菜)
2022/09/14(Wed)
  きょうは、晴れ後曇りました(21.0~29.7℃/南東風)。
  道沿いに、ミヤマママコナ(ゴマノハグサ科)が咲いていました。林内には、赤みの強いもの薄いもの、黄味の強いもの等様々な変異がありますが、ここのは紅白はっきりした典型的なもので、山萩の風情でした。北海道西南部~本州の、深山の林縁や草地、亜高山帯に生育する、高さ20-50㎝の一年草・半寄生植物です。長卵形て゜葉柄のある葉は洋紙質で対生し、乾燥すると黒褐色に変色します。8-9月に、紅紫色の花を咲かせ、花喉両側には黄色み帯びた斑紋が2個あります。苞葉は葉状で、縁にはママコナの様な鋸歯がありません。名は、主に深山に咲くママコナの意。青葉山では、6-7月に咲くママコナとほぼ同所等、少し乾いた林縁等で見られます・・・
ミヤマママコナ 電波塔
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キバナアキギリ(黄花秋桐) | メイン | シャクジョウソウ(錫杖草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5853-19b5b9d2

| メイン |
ゆきかえる