fc2ブログ
>
カシワバハグマ(柏葉白熊)の花
2022/09/16(Fri)
  きょうは、晴れ時々曇りました(20.3.0~26.6℃/南西風)。
  林床に、カシワバハグマ(キク科)が咲いていました。ここに歩道ができる前は、そこら中極普通に見られましたが、今や僅かにぽつぽつと、削り花の様な花がとても寂しそうでした。本州~九州の主に太平洋側の、山地の樹陰等に生育する高さ30-70㎝の多年草です。葉は長い卵形で、縁には粗い歯牙があります。青葉山では10月頃、コナラやミズナラの林床に穂状白花を咲かせます。痩果は長さ約1㎝で、褐色の冠毛があります。宮城県が北限の上に自生地も限定されていて、県のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU) に指定されています・・・
カシワバハグマ 簾越し

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サクラタデ(桜蓼) | メイン | キバナアキギリ(黄花秋桐)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5855-08f790da

| メイン |
ゆきかえる