fc2ブログ
>
センダイハグマ(仙台白熊)
2022/10/05(Wed)
 きょうは、曇り後晴れました(13.5-22.2℃/北西風)。
 (昨日からの仙台繫がりではありませんが)道端に、センダイハグマ(キク科コウヤボウキ属)が咲いていました。ぽつんと一株だけでしたが、端正な佇まいには、凛とした気品さえ感じました。宮城.山形.福島や茨城の山地の林内や林縁にやや稀に生育する高さ40~80cmの多年草です。葉は長さ10~13cm、幅7~12cmの卵状楕円形で3裂せず、9~10月、円錐花序に白い頭花(筒状花)を穂状に多数咲かせます。長年、オヤリハグマとカシワバハグマの交雑種とされて来ましたが、2016年に、 「染色体数や外部形態, 予備的なDNA解析においては, 雑種とする積極的な根拠は無く, オヤリハグマの無裂葉型として扱うのが適当である」との研究発表があり、種名としては扱われなくなりました。でも、どう見ても形態は違いますし、愛する仙台の名の付く可憐な花です。せめて、希少種オヤリハグマのより希少な"変種"として、大切に見守って行きたいものです…
センダイハグマ 綿菓子雲
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アキノキリンソウ(秋の麒麟草) | メイン | センダイトウヒレン(仙台塔飛廉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5875-ea7182ee

| メイン |
ゆきかえる