fc2ブログ
>
一月観(視)察会
2023/01/08(Sun)
  きょうは、新年初の観(視)察会。雪の全くない、真冬とは思えぬ暖かさの下、晴れたり曇ったり小雨がぱらついたりの、穏やかな「初歩き」になりました(-0.5~7,9℃/西北西風.)。先ずは、集合場所の眼下に広がる「学生寮」建設予定地の、削られた林地について、発見時の驚きや経緯、予定についてお知らせし、その問題点を考えました。その他の近況等報告後に出発。大学構内では、ツバキやサザンカ、イボタノキ、タブノキとクスノキ、マユミ、カリン、クヌギの団栗と虫瘤、土手の苔や地衣類、無数に下がるイイギリの赤い果房、タラヨウ、風情も感ずるイヌガンソク等観ながら森に入ります。森は森閑として、雪が皆無の所為もあって動物痕跡は少なく、見通しの良くなった森にはイヌツゲやヒノキ、オオバジャノヒゲやセリバオウレン等常緑植物が目立ちます。ハクウンボクやミズキ等の冬芽、ミヤマガマズミやオトコヨウゾメの実等観ながらふと見上げると、そこには何とマンサクが、早くも黄色いリボンを伸ばしています。吃驚しつつもほっこりしながら進むと、エナガの群れが飛び交い、カケスも良く鳴いています。イヌツゲの実や虫こぶを観ていると、そこにアシナガバチと思われる巣も付いていました。花芽が尖り葉先に不定芽を出しているショウジョウバカマ、十両(ヤブコウジ)と一両(ツルアリドオシ)の混在、針葉の森を思わせるホソバトウゲシバ、サルトリイバラやウメモドキの赤い実、ヤブムラサキの紫の実も目立っていました。最近話題のスエコザサが道々多く見られ、案外にテンやイタチの糞が多く、黒膏薬等の膏薬病やコウヤクタケの不思議な模様も数多く見られました。配布チラシで取り上げたアカゲラや干支のウサギ(痕跡も)にも出会えませんでしたが、新年早々に清々しい初歩きができたのではないでしょうか?
イイギリ イヌガンソク あら、ここに花が マンサク
 花では、植栽のサザンカの他、セイタカアワダチソウ、ノボロギク等が見られ、ツノハシバミやアサダ、ヤマハンノキ等の雄花が伸びていました。果実では他に、ブナ、ツクバネ、ヤブコウジ、リョウブ、ネジキ、ナツハゼ、オオバジャノヒゲ、ヤブラン、ヤマジノホトトギス、ナガバノコウヤボウキ、ヘクソカズラ、オヤリハグマ、トリガタハンショウヅル、ノダケ、ツチアケビ、オオウラジロノキ等が見られました。冬芽では、メグスリノキ、オオバクロモジ、コブシ、リョウブ等を観察、シダ類では、シシガシラ、リョウメンシダ、オクマワラビ、ミゾシダ等、苔ではハイゴケやコスギゴケ等の他、地衣類のヤリノホゴケ等も見られました。動物達の痕跡では、リスやノネズミの食痕、カモシカの食痕や角擦り痕、イノシシの生活痕、クマの爪痕ヤ熊棚も見られました。野鳥では他に、シジュウカラやヤマガラ、コゲラ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハクセキレイ、トビやカラス類等が見られ、高木の先にメジロのものと思われる巣も観られました。昆虫では、シャクガの仲間が飛び、スズメバチの仲間の巣の一部が落ちていたり、マンサクやツツジ類の虫瘤、マイマイガの卵嚢、イラガ、クワコやヤママユの繭がありました。キノコで、各地に様々なカワラタケやサルノコシカケの仲間があった他、変形菌のマメホコリ、天然ナメコも観られました。解散後は、管理センターにて細やかな(未だコロナ禍の中、飲食なし、少人数、短時間の)新年会を行い、抽選会の他、夫々の抱負や青葉山への思い等を述べ合い、その後散会しました。
 きょうは、暖かく晴曇の空の下、落葉を踏みながら林内を漫ろ歩きました。又同時に新年にあたり、松枯れ等の枯木問題対策、急に周辺各所で始まった大規模伐採・藪刈り工事に直面し、改めて当会の存在意義を問い直す一時でもありました。青葉山の自然にとっては今後も厳しい状況が続きますが、新しい年がここに暮らす全ての生物達にとって、少しでも素晴らしい年になって欲しいものです・・・
エナガの巣 ウメモドキ お疲れさん 細やかな新年会
  来月の2/13は、会としてはお休みですが、記録を主として歩く予定です…

★次回の 「杜の都 青葉山は今!」展示会は …2023年2/15(水)〜2/28(火)(2週間) 青葉通地下道ギャラリーにて開催します! 一点でも結構です、青葉山の未来のための作品を募集中です!!!

スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カシラダカ(頭高) | メイン | マンサク(万作・満作・金縷梅)咲き出す!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5974-ca298a75

| メイン |
ゆきかえる