fc2ブログ
>
ヒメレンゲゴケ(姫蓮華木毛)
2023/01/24(Tue)
 きょうは、曇り時々晴れて、一時雪が降りました(-2.7〜5.4℃/北北西風)。
 林縁の道端に、ヒメレンゲゴケ(ハナゴケ科)と思われる地衣類が生えていました。枯草、落葉の間から、糸杉を思わせる緑の木々が立上がり、まるで童話の、妖精の森の様でした。世界に広く分布し、日本では北海道〜九州の山地~平地の、日当たりの良い主に地上、又樹幹基部、朽木上に生育する、高さ1~5㎝の子嚢地衣類です。基本葉体は長さ1~3㎜、幅約1㎜の鱗片状、裂片は細かい。子柄は中空、直立し、枝分かれが少なく、円筒形、有盃又は無盃で、盃は小さい。皮層が脱落すると半透明の髄が裸出。子器は枝先に付き、小さく子器盤は褐色。良く似たヤリノホゴケは主に樹皮に生え(時に地上に生えて混同)、葉体が少し大きくて、全縁。ササクレマタゴケは基2叉分岐で、盃はない。青葉山では、乾き気味の地上に見られます…
ヒメレンゲゴケ 苔生した山毛欅

スポンサーサイト



この記事のURL | 地衣類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コブシ(辛夷/拳)の冬芽 | メイン | ホシハジロ(星羽白)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/5990-051a2fc9

| メイン |
ゆきかえる