fc2ブログ
>
イワガラミ(岩絡)の冬芽
2023/02/10(Fri)
  きょうは、昼前から雪が降り出し、夜までに15㎝程積りました(-3,2~-0.2℃/北西風)。
  道沿いの木に、イワガラミ(ユキノシタ科)が巻付いていました。枯れた木に赤い蔓が絡まって、まるで老人の腕を這う血管の様でした。芽は更に朱く炎の如く、葉痕は誰かの顔に見えました。本州~九州の他朝鮮等の、夏緑広葉樹林の樹幹や岩等に這い登って生育する、木本性落葉蔓植物です。茎は気根を多数出して樹木等に付着します。長さ5-12cmの葉は対生し、葉柄は長く(葉身とほぼ同長)、縁には荒い鋸歯があり、表裏の主脈腋等には毛があり、裏面が緑白色なのが特徴です。5-7月、枝先に多くの小さい両性花と、1枚の白い萼の装飾花からなる散房状集散花序を形成します。芽は短く芽鱗は2-3対あって、葉痕は三角~倒松形。青葉山では、あちこちに普通に見られます・・・
イワガラミ 樅の幼木
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユズリハ(楪、交譲木、譲葉)の冬芽と葉柄 | メイン | ミチタネツケバナ (路種漬花、道種漬花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6007-7fe74877

| メイン |
ゆきかえる