fc2ブログ
>
ゴイシシジミ(碁石小灰蝶)
2023/07/15(Sat)
 きょうは、一日雨が降ったり止んだりでした(22.5~25.3℃/南風)。
 道沿いの笹薮に、ゴイシシジミ(シジミチョウ科)がいました。雨空の下、笹葉を傘にする様に止まっていましたが、良く見れば逆さになって、葉裏の油虫を夢中で食べているのでした。北海道~九州の亜高山~低山地に生育する、前翅長10-17mmのシジミチョウです。成虫は5-10月に出現し、翅の表面は一様に黒く、裏面は白地に黒い碁石状の斑点があります。日本の蝶中で唯一、幼虫が完全な肉食性で、ササ・タケやススキ等に付くタケノアブラムシ・ササコナフキツノアブラムシ等のアブラムシのみを捕食します。成虫も又、アブラムシ類の分泌液に依存し、母蝶はその集団の中に卵を産みます。油虫の多寡によって大きく育たない場合もあり、成虫の大小の差が大きいのも特徴です。活動範囲は非常に狭く、食草の周りを殆ど離れないと言われています。青葉山では、笹薮等で比較的普通に見られます・・・
ゴイシシジミ 雨空

スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タマゴタケ(卵茸) | メイン | コオニユリ(小鬼百合) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6165-807b3a69

| メイン |
ゆきかえる