fc2ブログ
>
ニホンカナヘビ(日本金蛇、日本蛇舅母)
2023/09/08(Fri)
  きょうは、曇り後雨になりました(22.3~26.0℃/南南東風)。
  道端に、ニホンカナヘビ(カナヘビ科)がいました。何時も見慣れた蜥蜴ですが、近寄ると恐竜を想わせる風格で、我等のアイドルだった幼時を思い出しました。北海道~九州とその属島の、高地~低地の山野~人家周辺にまで広く生息する日本の固有種です。全長16-25cm程で、尾は全体の2/3を占めます。背面は褐色で腹面は黄白~黄褐色、舌先は二つに分れます。主に昼行性で、昆虫やクモ等の陸生節足動物等を食べ、小型哺乳類や鳥類、ヘビ等に捕食されます。捕まりそうになると尾を自切し、切れた尾が動いている間に逃げ、尾は再生しますが骨はできません。青葉山では、林内外で普通に見られます・・・
ニホンカナヘビ 驟雨
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) | メイン | ダキバヒメアザミ(抱葉姫薊) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6220-8688ad86

| メイン |
ゆきかえる