fc2ブログ
>
十月観(視)察会
2023/10/08(Sun)
  きょうは、爽やかに晴れ上がり、とても気持ちの良い観(視)察会日和となりました(11.6~21,5℃/南東風)。集合バス停には20名程の参加者が集まり、挨拶や近況報告の後、9・10月はきのこ中心の観察・鑑定の会と言う事で、今回は「きのこ同好会」のY先生のご指導の下、早速の出発です。永遠に続くかと思われた異常な猛暑が過ぎ去り、金木犀が香り、萩や薄、野菊が咲き群れる秋冷の道を進むと、道端には少ないながらも、オオキヌハダトマヤタケやキヌハダトマヤタケ、立派なカキシメジ等の美味しそうにも見える毒茸が並び、安易な採集が戒められました。シシウドの花には美しいアカスジカメムシやキアゲハ幼虫がいて、ミヤギノハギやツクシハギには、キタキチョウやルリシジミが群れ、草原にはフユノハナワラビが多く見られました。森の中は乾燥気味で、先日まで出ていた多くの茸は干乾びていたり、数日前の強風で落ちた枝葉に埋もれていたりでしたが、カバイロツルタケやカヤタケ、ヌメリコウジタケ、ホテイイロガワリや立派なホオベニシロアシイグチ等の食菌や薄紅色のハナホウキタケに、シロテングタケやテングタケ、シロオニタケやコタマゴテングタケ、モエギアミアシイグチやクサハツ、ニガクリタケ等の毒菌が見られ、スギヒラタケやヒメカバイロタケも数多く、赤いアカイボカサタケや紺色も美しいコンイロイッポンシメジの仲間も案外多く見られました。冬虫夏草では、鬼の角を持つオニハエヤドリタケに出会い一同感心しきりでしたし、立派なシシタケ風のケロウジがあちこちに見られ、大菌輪(フェアリーリング)を作っていたキンチャフウセンタケには皆で驚愕、感動させられました。森奥ではカケスが良く鳴き、ひっそりと咲く、シロヨメナやキバナアキギリ、ダキバヒメアザミ等にも心癒されました。きのこ鑑定会では、毒の有無も判る様にと色分け名札を付けて貰いつつ、とても解り易く楽しいお話に聞き入り、改めてきのこ界の奥深さにも感じ入りました・・・
これは何? アカスジカメムシ カバイロツルタケ キバナアキギリ
 きのこでは他に、ヒメコンイロイッポンシメジ、フジウスタケ、ヒメキシメジ、モリノハダイロガサ、スミゾメヤマイグチ、ミヤマベニイグチ、ヒロハウスズミチチタケ、コビチャニガイグチ、キナコハツ(仮)、チャツムタケ、シロイボカサタケ、キイボカサタケ、ヒトクチタケ、カワリハツ等ベニタケの仲間、タケリタケ、アオゾメタケ、コフキサルノコシカケ、ヤンマタケ(冬虫夏草)、ロクショウグサレキン、フウセンタケの仲間、チチタケの仲間、膏薬病の仲間等。花では他に、ヒメジソ、ヌスビトハギ、ユウガギク、ノダケ、ヤクシソウ、アキノキリンソウ、ガンクビソウ、イヌタデ、ゲンノショウコ、オクモミジハグマ、オヤリハグマ、センダイハグマ、テンニンソウ、コバノセンダングサ、ミゾソバ、ノコンギク、(ランタナ、メドーセージ、アベリア、ボタンクサギ)他、果実では、配布資料で紹介のタチシオデ、シラキ、ミヤマガマズミ、オトコヨウソメ、ウメモドキ、ツルアリドオシ、ツルリンドウ、ナツハゼ、クリ、ミズナラ、コナラ、ツクバネ、イヌツゲ、チゴユリ、コウスノキ、クマノミズキ、ヤブコウジ、ネジキ、イワガラミ、アオハダ、ケカマツカ、アズキナシ、コブシ、(カリン)等も見られました。昆虫では、藪影で鳴いていたエンマコオロギ等コオロギの仲間、樹液の木にいたオオスズメバチ、葉上にいたチャバネアオカメムシとドクガ幼虫。動物では、道を横切るニホンカナヘビや、テン、ニホンリス、カモシカ、ツキノワグマ等の痕跡の他、あちこちにイノシシの掘起しが目立ちました、野鳥では、モズが鳴き、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、メジロ、ハクセキレイ、トビ、ハシブトガラス、ガビチョウ等確認しました。
 きょうは、絶好の観察会日和となり、大勢の目があったお陰か、(食菌は少なかったものの)昨日の下見では見られなかった多くのきのこに出逢い、久し振りのY先生のお陰もあって、分かり易く学びながら、とても楽しく観察することができました。皆さんにも、新たな出会いや喜びが沢山あった一時だったのではないでしょうか・・・?
ケロウジ 鑑定会 お疲れさんでした キンチャフウセンタケ
 来月11/12(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!猛暑等の所為で中々出ていなかった、案外多くのキノコも見られるかも知れませんね・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロオニタケ(白鬼茸)の菌輪 | メイン | タチシオデ(立牛尾菜・立四緒手)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6250-5b41bedb

| メイン |
ゆきかえる