fc2ブログ
>
ナラハヒラタマルタマフシ(楢葉平丸玉五倍子)
2023/10/11(Wed)
  きょうは、大体晴れました(13.5~22.5℃/北北西風)。
  ミズナラの葉に、ナラハヒラタマルタマフシが付いていました。とても美しく、ピンクの真珠の様で、何故これ程美麗な珠がこんな目立つ所にと、不可思議で感心するばかりでした。ナラハヒラタマルタマバチ(タマバチ科)によって、ミズナラやコナラ、カシワ等の葉に形成される虫癭で、径6~7㎜、高さ5~6㎜の半球~扁球形で、底面は葉脈を抱く様に僅かに凹み、中央の小突起で葉脈上に接合します。表面は平滑で光沢があり、黄白色ですが日が当たる部分は桃赤色を帯びます。虫癭は成熟すると落下し、1~2週間程で生気を失い褐色になります。底の接合部に近い場所に1つの幼虫室があり、新鮮な虫癭の室壁は柔らかいですが、落下後に堅くなり径約2.5㎜で、中に幼虫1が入っています。幼虫は約1㎜、落下後も内部で成長を続け、幼虫のまま越冬、翌年春に蛹化、4~5月に羽化します。青葉山では、楢類の葉に良く見られます・・・
ナラハヒラタマルタマフシ 茜雲
スポンサーサイト



この記事のURL | 虫瘤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハナホウキタケ(花箒茸) | メイン | コジュケイ(小綬鶏)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6251-98f148af

| メイン |
ゆきかえる