fc2ブログ
>
キツネノマゴ(狐の孫)
2023/10/16(Mon)
きょうは、晴れ後曇りました(12.6~23.8℃/西北西風)。
 道端に、キツネノマゴ(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)が咲いていました。緑の試験管刷毛の塔の上に、赤い唇の様な小花が、愛らしく微笑んでいました。朝鮮、中国~インドシナ~インド等に分布し、日本では本州〜九州の道端や林縁等に生育する、高さ10〜40cmの1年草です。茎は6稜で、疎に分枝して斜上し、下向きの短毛が生えます。葉柄は長さ2〜15mm、葉身は卵形で長さ2〜4cm、幅1〜2cm、先はやや尖り、基部は鋭形、全縁又は波状縁、両面に毛が散生し、乾くと表面に線状の鍾乳体が目立ちます。8〜10月、枝先に円錐~短円筒形の穂状花序を作り、密に花を付けます。花は所謂唇花型で、上唇は三角状で先は2裂し、下唇は広楕円形で先は3裂、花冠は淡色で下唇内面は淡紅紫色。苞は線状披針形で、萼と共に白い長毛があり、萼は深く5裂。蒴果は長さ4.5〜7mm、幅1.5mm、種子は卵円形で4個、長さ1.2mm。青葉山では、車道沿い等に見られます…
キツネノマゴ 赤星

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ススキ(薄、芒) | メイン | テンニンソウ(天人草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/6257-cb19e4ff

| メイン |
ゆきかえる