FC2ブログ
>
キハツダケ(黄初茸)
2008/10/28(Tue)
 きょうは、晴れ時々曇りでした。
 樅の木の下に、キハツダケ(ベニタケ科)が生えていました。15cm程もある大きなものが、10本以上も弧を描く様に並んでいました。二本だけ引き抜いて仕舞おうとすると、白い乳液を出す傷口が見る見る中に青緑色に変化して行きました。夕飯に、醤油出汁で煮て美味しく頂きました。バター炒めも良い様ですね。秋に、全国の主にモミ類(稀にマツ類)の林内地上に発生します。名は、黄色い初茸(秋の早い内に発生する事に因る)の意。食用ですが、青葉山では余り人気がないのか、中々採られずに土に還って行きます・・・
 崖面に生える小木に、ハヤブサ(環境庁レッドデータで絶滅危惧Ⅱ類)が止まっていましたよ・・・ 
キハツダケ ハヤブサ 
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロダモ(白梻)の実と花 | メイン | ウメバチソウ(梅鉢草) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/627-fd11da02

| メイン |
ゆきかえる