FC2ブログ
>
シロダモ(白梻)の実と花
2008/10/29(Wed)
 きょうは小雨後曇って、午後には晴れました。
 尾根道のシロダモ(クスノキ科)が、実と花を付けていました。と言っても、赤くなり始めた実が生っているのは雌株で、小さな雌花は少し萎れていました(写真は掲示板)。画像↓の花は、隣に立つ雄株の雄花で、今が盛りとふさふさに咲き乱れていました。本州の秋田、宮城~南西諸島の他、朝鮮、中国等の、山地~低地の森林内に生育する常緑の中高木です。木全体に芳香ある精油を含み、種子から採油して、蝋燭の材料にします。 葉は3行脈が目立ち、裏面は灰白色で、名の由来になっています・・・
シロダモの実(雌株)と花(雄株). きょうの空
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナラタケモドキ(楢茸擬) | メイン | キハツダケ(黄初茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/628-99021cf2

| メイン |
ゆきかえる